カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

ご注意ください

サプリメントで摂取する際の注意点

DHAとEPAは同時に摂取しましょう。
血液をサラサラにする作用では、DHAとEPAと同様ですが、
DHAには、老人性認知症の予防、視力改善に効果がありますが、
血栓を作らせない(抗血栓)作用や中性脂肪を下げる働きでは、DHAよりEPAの方が勝り、
総コレステロール値を下げる働きではDHAが勝ると言われています。
DHAとEPAの2つを同時に摂取することで、効果が相互的に、有効に働くことが期待できます。

ビタミンEが含有されているものにしましょう。
DHAとEPAは大変酸化しやすいため、時間が経つと効力が落ちてしまいます。
ビタミンEはこの酸化を防ぐ効果があるため、一定時間を越えても栄養が衰えることなく保存することが可能です。

摂り過ぎに注意しましょう。
EHA・EPAを魚から摂取する場合、大型魚は水銀が蓄積されている事がありますので、妊娠中などは食事量に注意が必要です。
水銀問題が気になる方や、毎日魚を食べるのが難しい方は、サプリメントで摂るのも良いですが、摂りすぎにはやはり注意が必要です。
過剰に摂取すると、血液が固まりにくくなるため、出血したときなどに止血しにくくなる事があります。
健康維持目的では1日約500mg程度、さらに生活習慣病の予防などなら1,000mgが摂取量の目安となります。

こういう方は注意しましょう。

DHAやEPAは血液をサラサラにして血栓を予防する効果があります。
血栓の発生を抑える薬を服用している場合は医師に相談するようにしてください。


 DHAってどんなもの?

 EPAってどんなもの?


DHA「鮪の幸」50粒のご購入はこちらDHA「鮪の幸」500粒のご購入はこちら

ページトップへ